言語バーについて

言語バーについてのいろいろを紹介しますね^^

言語バーとは
パソコンで日本語を入力するには、日本語入力ソフトというものが必要です。
言語バーは、ウィンドウズについている日本語入力ソフト(MS-IME:エムエス−アイエムイー)の
いろいろな機能が集められているところです。
「IMEツールバー」ともいいます。
それぞれの機能は、言語バー上のボタンをクリックして利用します。

こんなヤツ
 ↓
gengobaa

▼XP で直接入力時に IME ツールバー(言語バー)を隠すには?
Windows XP に標準の IME 2002 ツールバー (言語バー) は、
以前の IME にあった「直接入力時にツールバーを表示しない」オプションがありません。
直接入力時に言語バーを表示したくない場合には、
以下のようなソフトウェアがあります。

[窓の杜]
Windows XPの言語バーを必要なときだけ表示する ⇒「XLangBar」
IME 2002を使いやすく ⇒「IME Watcher for Windows XP」

▼XP の IME 2002 で、変な変換モード
「ぎれ」の変換候補に「ピカチュウ」があるの知ってます?
IME 2002 を話し言葉優先モードで使用し、「ぎれ」を変換すると、
変換候補に「ピカチュウ」が表示されます。
また、同様に話し言葉終戦モードでは「まさお」を変換すると
「(^'^)」が表示されます。

▼XP の IME ツールバーの透明化
ウィンドウズXP に標準装備される IME2002 の IME ツールバーは、
従来のようにタスクバーに格納することもできますが、
透明化して目立たせなくすることも可能です。

IME ツールバー右上の「最小化」を右クリック
(「最小化」をクリックするとタスクバーに格納されます。)
 ↓
メニューから [透明化] をクリック

▼言語バーが画面に見当たらない

1.タスク バーに最小化されている
2.タスク バーから削除されている
3.タスク トレイに収められている

だいたいこの3つですね。

Windows 2000 および Windows Me をご使用の場合、
言語バー右上の [最小化] ボタンをクリックすると、
言語バーが最小化され、タスク トレイに取り込まれます。

この場合、
言語バーはタスク トレイ上のアイコンに最小化されてしまうため、
デスクトップ上を探しても見当たりません。

言語バーを再度表示するには、
タスク トレイ上にある [言語] アイコンを右クリックし、
表示されたメニューから [言語バーの表示] をクリックします。


●どうしても、見つからない場合
[スタート]メニュー
 ↓
[コントロール パネル]
 ↓
[地域と言語のオプション] をダブルクリック
 ↓
[言語] タブの [テキスト サービスと入力言語] で、[詳細] をクリックします。
 ↓
[基本設定] から [言語バー]
 ↓
[言語バーをデスクトップ上に表示する] のチェック ボックスをオンにします。

トップ > 表示設定 > 言語バーについて

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。