メモリの開放で体感速度アップ

メモリリーク (Memory leak)とは、
プログラミングにおけるバグの一種で、プログラムが確保したメモリの一部、
または
全部を元に戻すのを忘れ、確保したままになってしまうことを言います。

たいていの場合、
プログラマによる単純な忘れやプログラムの論理的欠陥によって発生することが多い。

なお、
プログラミング言語によってはメモリ解放をコンピューターに
委ねるガベージコレクションが取り入れられており、
メモリリークが起きないようになっている。

ガベージコレクションを言語組込みの機能として持つ言語には、
LispやJava、C#などがある。

一方でCのようなガベージコレクションが組み込まれていない
プログラミング言語では、
メモリリークが起きないように注意深くプログラムを設計する必要がある。
C++においてはガベージコレクションこそないものの、
デストラクタや所有権などの機能・概念により、
メモリリークの防止が半自動で可能であり、
これはリソースリーク(後述)にも適用できる。


簡単に言うと、メモリが確保したデータ
がそのままになっていて、次に使うメモリの容量が少なくなる現象です。
メモリを開放してやることで解決しますよ♪

めもりーくりーなー というフリーソフトがあります。

機能としては
Windowsのメモリーをお掃除して、余分なデータを解放。
物理メモリー、スワップファイル、リソース量、CPU使用率を監視。
スキン機能、スキン作成機能。
定期的にお掃除。タスクトレイに常駐。
ランチャー機能。他。

めもりーくりーなー



関連リンク
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070723-00000026-zdn_pc-sci
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070720-00000041-rbb-sci
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070720-00000035-imp-sci
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070721-00000095-myc-sci

トップ > パフォーマンスの向上 > メモリの開放で体感速度アップ

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。