WindowsXPでパーティションを作成

WindowsXPはいいですよね〜^^
WindowsXPは、インストールの時にパーティションの作成とフォーマットが出来るようになっています。
これにより、従来のWindowsに比べ、インストール作業が簡単にすばやく行えるようになりました。

ワタクシの場合は
15GをCドライブにしてシステムファイルだけを。
残りをデータ保存先にしています。
前回の記事で書いた、クリーンインストールを
年に一度する作業でデータまでどっかにバックアップ
って大変ですもんね〜^^;
Cドライブだけなら、簡単?!?

注意する点としては
サイズの単位はMB
1G=1024MB
15G確保したい時は15360MBにすればいい。

ファイルシステムのフォーマットは
FAT32 か NTFS を選ぶ事が出来るが
Win98をデュアルブートしたい時には
FAT32を選択しよう。

1.パーティションを作成したいディスクを選び「C」キーを押す。
2.作成するパーティションのサイズを指定
 1G=1024MB
3.作成したパーティションにインストールするには、パーティションを選んで
 「ENTER」キーを押す。
 この時パーティションのフォーマットも行う。
4.ファイルシステムを選び「ENTER」キーを押すとフォーマットが始まる。
 

トップ > パーティション > WindowsXPでパーティションを作成

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。