パフォーマンス優先

Windows XPはユーザーに使いやすい操作環境を提供している反面 CPUパワーの低いコンピューターでは動作が遅くなるなどの影響が出ます。

特に見やすく華やかな視覚効果を多用している場合は処理速度に与える影響が大きい。

もしも、PCの使用目的がワープロや表計算などに限られたものなら視覚効果を使わないか必要最低限のものだけにしてしまえばいい。

これにより画面の表示に必要な処理が軽減されるので、PCの速度が早くなる。

もちろん、CPUのパワーがあるPCにも有効!!!

コントロールパネル⇒パフォーマンスとメンテナンス⇒視覚効果を調整する⇒パフォーマンスを優先するにチェック⇒OK


CPUパワーがある場合やメモリ容量に余裕がある場合

パフォーマンスオプションの<詳細設定>でプロセッサ(CPU)のスケジュールやメモリ使用量を変更する。

こうするとバックグラウンドで動作しているプログラムも快適に使うことが出来ます。

トップ > パフォーマンスの向上 > パフォーマンス優先

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。