WindowsMediaPlayer


動画再生でウィンドウズメディアプレーヤーを使ってる人が殆どだと思うんですが

WindowsXP にも標準装備されている WindowsMediaPlayer8 は、
機能が豊富な分スペックの低い PC ではスムーズな動作が期待できないことがあります。
ってか、コマ送りになったりしますよね(笑)

普段の仕様を考えた場合
いろんな機能っていりますか?

正直、ワタクシはいりません^^;

軽く動作するってのがよっぽど高機能?!?(笑)

なので、メディアプレーヤーを6.4にしちゃいましょうw
ビデオファイルやオーディオファイルを、動作の軽い MediaPlayer6.4 に関連付けたい場合なのですが
その手順を紹介しますね^^

[スタート]
 ↓
[ファイル名を指定して実行]
 ↓
mplayer2 を実行
 ↓
[表示]
 ↓
[オプション]
 ↓
[形式]
 ↓
Media Player 6.4 に関連付けたいファイル形式にチェックをいれます。
あとは、「OK」をクリックして設定を保存!

この設定では、
ファイルは開きますが自動再生されないことがあります
そんな時は、WindowsMediaPlayer8 の関連付けを解除しましょう。

WindowsMediaPlayer8 を起動して
[ツール]
 ↓
[オプション]
 ↓
[ファイルの種類]
 ↓
MediaPlayer6.4 に関連付けた種類のファイルのチェックを解除して「OK」

おためしあれw

トップ > 知ってると便利 > WindowsMediaPlayer

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。